前回はザイオンス効果とLINE配信のテクニックをお伝えしました。

 

認知→興味を持つ(リスト客)→検討(見込み客)→顧客

 

1人1人のお客様にあった情報配信をしていくことで集客したお客様を顧客に育てることができる。

 

そして、それを可能にするのが、

 

ビジネスラブストーリーです

 

簡単に言えば恋愛です笑

例えば、恋愛ドラマなど2人が出会い、話しをするきっかけからストーリーが始まります。

その後、お互いを知り、自分の有用性を示し、告白していきます。

その流れの中でトラブルが発生して乗り越えることでお互いの距離が急接近していきます。

 

ビジネスに置き換えると、

 

  1. きっかけ→ラポールを作る

  2. お互いを知る→お客様を知ること、自己開示

  3. 自分の有用性→自分の解決出来る課題やコンテンツ

  4. トラブル→お客様の課題

  5. 告白→クロージング

 

出会ったばかりの人に自分の商品の売り込みをしてる人は、突然告白をしてるのと変わりません。

出会いから自己紹介をして、相手の話を聞き、相手のことを知りラポールを築くための場を用意します。

人を好きになる法則の中に、時間の長さが含まれています。

これは一緒にいる時間が長い人に人は好意を持ちやすいと言うことです。

ビジネスに活用するならば、お客様と何度も会えるような環境を用意することです。

その過程でお客様の願望や課題を聞き、サービスや商品を提案する。

そして、お客様がサービスや商品に必要性を感じていてかつ、あなたとラポールが築けていると、サービスが購入される。

 

これは、

 

Webの中でも同じです。

 

Webの先に人がいることを絶対に忘れてはいけません。

 

しかし、Webのツールで5つの項目を進めることは難しいので、

SNS(きっかけ)→LP(解決出来ること、お客様の課題)→FE(クロージング)の動線が主流になってます。

昔の看板を外に置いて、看板を見て興味のある人が店舗に来てもらうビジネスモデルがWeb版になっている感じです。

 

ですが、LINEに変わってきたことで情報を必要な人に届けることがとても楽になってきました。

 

LINE公式アカウントのQRコードから友達登録してもらうことで、

 

お客様を自動で属性分けができます

 

つまり、Webで対応困難だったお客様を知ることができます。

 

なので、お客様の欲しい情報や必要な情報だけをお客様に届けることができるので、不要な情報をお客様が受け取らなくてよくなっています。

 

お客様の課題に合わせた情報を配信できるのでお客様の開封率もメルマガの20倍以上の開封率をほこります。これは情報が何度もしっかりとお客様に届きやすいと言うことです。

 

だからこそ集客したお客様を顧客にまで育てるためにLINE公式アカウントが重要になってきます!

 

是非、ご興味ある方は今からLINEをビジネスに取り入れてみてください😄

teZAR公式アカウントのリッチメニュー、LINE相談から相談も受け付けています^ ^