多くの人が自分の主力商品を売りたいと思っています。

しかし、主力商品を購入してくれるお客様は中々いないのが事業をされてる方の共通の悩みの一つだと思います。

 

こんな事例があります。

 

交通安全強化を住んでる市がすることになり、ご自宅に安全運転の看板をつけさせてくれとの依頼です。

もちろん、金額はかからないし、工事も市が持つ。この看板の依頼を受けた家はその市の10%ほどでした。

しかし、同じことを別の市でやってみると70%を超えて色んな方が協力してくれたそうです。

 

一体なぜか??実は看板のお願いをする前に安全運転をしようって言う小さな紙を窓に貼らせて欲しいと依頼をしていたそうです。
小さな紙なので快く皆さん窓に貼らしてくれたそうです。

 

これは、ビジネスでも一緒ですね

 

小さなお試し商品やフロント商品でお客様と接触を増やす。
お客様と接触することでお客様の知識も上がるし、信頼関係も結べます。

 

なので、この人の商品に間違いない、自分に必要だと附に落ちるので主力商品を購入される。

 

始めの小さな関わりに目を向けること、そして、本当に自分が伝えたいサービスを繋ぐことを動線と言います。

小さな関わりでお客様に情報を届け、納得していただくことが重要です。

 

そして、動線を作り、情報を届けるツールとしてLINE公式アカウントが今とても注目されてます。

今まで情報を届けるツールとしてはメールが主力でしたが、現状では開封率が平均3%と壊滅的です。

 

しかし、LINE公式アカウントでは平均60%と20倍もの開封率になってます。

小さな関わりから、情報を届け、本当に伝えたい商品を届けるために動線の構築は必須です。

LINEの公式アカウントについて知りたい方はLINE相談・申込からLINE情報を押していただくとLINEの情報をお届けしますので是非活用してください。